2019年3月5日火曜日

 2019年3月4日 今日は2~5歳児対象に音楽劇団「てんてこ」さんに来ていただき、楽しい演奏を聴かせていただきました。
 なんとその演奏は、フライパンや塩ビパイプ、ポリバケツやスリッパ、空き缶や牛乳パック、貝殻などなど、身近なものを楽器に変身させて行われました!




 ユニークな音の響きで、雷のような音や、カエルの鳴き声、沖縄のうたや子どもの大好きな『ミッキーマウス マーチ」『ANDER THE SEA』など、たくさんの音や曲を聞かせてくださいました。『ピクニック』では歌に登場する動物の鳴き声のほか、恐竜の声も表現してくださり、子どもたちは驚きと楽しさでいっぱいでした。

リズムに合わせて体を動かそう

次はどんな音かな





つい体も動き出します

 子どもたちからは自然と「アンコール!」「もう一回!」とコールが起こり、笑い声いっぱいの楽しいコンサートとなりました。
 会終了後、子どもたちの盛り上がりに 「今晩は、もしかしたら子どもたちがおうちでお鍋などを引っ張り出して、演奏してるかも・・・。」と職員と『てんてこ』さんと話していました。
 

2019年2月12日火曜日

だっこ だっこ ぎゅ~


  2月12日 今日は0歳児しいのみ組さん、1歳児どんぐり組さんに向けて人形劇団クラルテさんが人形劇を見せてくださいました。
 「モンモとバンボはいつもいっしょ」「ポッケのワンピース」の2つのお話を見せてもらいましたが、子どもたちは人形の動きに合わせて「たかいたか~い」「だっこだっこ、ぎゅ~」と体を動かしたり、一心に見つめて見入っていたりと、小さな心が動かされていることを感じました。



 ↓ 身を乗り出して・・・





食い入るように見つめる目


 おわかれの時には、モンモちゃんやバンボなどのお人形たちに「だっこだっこ、ぎゅ~」してバイバイをしました。
 毎年人形劇等鑑賞は、保護者会の皆さんにもご協力をいただき実施させていただいています。3月には2歳児~5歳児の子どもたちに向けて、牛乳パックなど身近なものを利用した楽器を使った音楽を演奏してもらいます。
 また進級・卒園に際し、ピアノの演奏にも来ていただく予定です。こうして心が動く体験をし、豊かな心を育んでいってほしいと願っています。




 
「ぼくも ぎゅ~したいな」



だっこ だっこ ぎゅ~




 

2018年12月21日金曜日

もちつき ぺったんこ!


12月20日 おもちつきをしました。いよいよ年の瀬。新しい年が近づいてきました。
もち米から、ぺったんぺったん力いっぱい杵でつくと、真っ白なおもちに!
つきたてのおもちはやわらかく、とてもおいしかったです。あんこ・きなこ・砂糖醤油でいただきました。

先生たちがつくと、ド~ン!ド~ン!と、大きく響く音!
お友だちがつくと、ぺったん、ぺったんとかわいい音。
おいしさだけでなく、音やかおりも味わい、楽しんだおもちつきでした。
22日には冬のつどいを終えました。
新しい年もみんなにとってすてきな1年になりますように、お祈りいたします。





クリスマス 2


 
 幼児さんは、遊戯室でみんなで礼拝を守りました。
 その中で、5歳児くすのき組さんはイエス様が生まれた時のお話を劇にして伝えてくれました。
 また自分たちだけでなく、災害や紛争で困っている人や悲しんでいる人のことも覚えて、みんなで祈りました。

 
そのあとは、楽しい祝会。
3歳児もみじ組さんと4歳児あすなろ組さんは、歌と合奏でクリスマスをお祝いしました。
 
もみじさんの発表





あすなろさんの発表(たくさんの楽器で演奏したよ)


もうすぐクリスマス。世界中の人が温かいクリスマスを迎えられますように・・・。



 
 

クリスマス 1


 12月15日土曜日、クリスマス礼拝を行いました。
イエス様のお誕生日、1年で一番心が躍り、温かくなるときです。
おうちの人もたくさん集まって、みんなで温かなクリスマスのひとときを過ごしました。

0歳児しいのみ組さん、1歳児どんぐり組さんは、おうちの人と一緒に毎日楽しんでいるふれあい遊びや手遊びをしました。


← しいのみさん
どんぐりさん

 2歳児くるみ組さんは、みんなでおうちの人にお友だちとのふれあい遊びと歌と鈴の音を聞いてもらいました。












 

2018年11月8日木曜日

 10月31日、平和の緑づくり事業の一環で、「苗づくり」をしました。植樹していただいた「もみじ」の種を植え、苗木を育てる活動です。昨年度もみじを植えた4歳児さんに種を植えてもらいました。























 木のお医者さん(樹木医)に、もみじに花が咲くこと、種の形を見せてもらったり、熱帯雨林に生えているもみじの種の形に似た大きな大きな種や、角の生えたヤギのような変わった種、紙飛行機のように飛ぶ種など不思議な種も見せてもらいました。
 みんながお世話をするもみじの苗は、「苗木のホームステイ」という事業で園で大切にお世話をしていきます。育てた苗木が、2021年滋賀で開催される全国植樹祭で植樹される予定です。木が山に植えられ、大きく育ち、琵琶湖を守ると県の方からお話を聞きました。自然・琵琶湖を守れますようにと祈り、みんなで大切に育てていきたいと思います。
 

2018年11月7日水曜日

秋の遠足(幼児)

 秋晴れの下、幼児組さんは遠足に出かけました。
 3歳児さんは、あぜ道をぐるっと回り、秋を見つけながら近くの公園へ。リュックを背負って、「行ってきます!」と元気に出かけました。秋のさわやかな風やきれいな青空を楽しみながら歩き、公園でお友だちと遊んだり、秋の葉っぱや木の実、枝を見つけて楽しみました。

遠足に出発!!


 





いいもの、見つけた!



 4歳児さん・5歳児さんは、猪子山へ。「がんばるぞ~!」ととても長い距離を歩いて、山へ向かいました。
 4歳児さんは山のふもとでどんぐりを拾ったり、近くの保育園の4歳児さんと交流し、運動会ごっこを楽しみました。
 
 
 
5歳児さんは山の頂上を目指して!坂道をよいしょ!よいしょ!と登り、頂上から見える内湖や琵琶湖、自分たちの住む能登川の町の絶景を味わいました。