2018年11月8日木曜日

 10月31日、平和の緑づくり事業の一環で、「苗づくり」をしました。植樹していただいた「もみじ」の種を植え、苗木を育てる活動です。昨年度もみじを植えた4歳児さんに種を植えてもらいました。























 木のお医者さん(樹木医)に、もみじに花が咲くこと、種の形を見せてもらったり、熱帯雨林に生えているもみじの種の形に似た大きな大きな種や、角の生えたヤギのような変わった種、紙飛行機のように飛ぶ種など不思議な種も見せてもらいました。
 みんながお世話をするもみじの苗は、「苗木のホームステイ」という事業で園で大切にお世話をしていきます。育てた苗木が、2021年滋賀で開催される全国植樹祭で植樹される予定です。木が山に植えられ、大きく育ち、琵琶湖を守ると県の方からお話を聞きました。自然・琵琶湖を守れますようにと祈り、みんなで大切に育てていきたいと思います。
 

2018年11月7日水曜日

秋の遠足(幼児)

 秋晴れの下、幼児組さんは遠足に出かけました。
 3歳児さんは、あぜ道をぐるっと回り、秋を見つけながら近くの公園へ。リュックを背負って、「行ってきます!」と元気に出かけました。秋のさわやかな風やきれいな青空を楽しみながら歩き、公園でお友だちと遊んだり、秋の葉っぱや木の実、枝を見つけて楽しみました。

遠足に出発!!


 





いいもの、見つけた!



 4歳児さん・5歳児さんは、猪子山へ。「がんばるぞ~!」ととても長い距離を歩いて、山へ向かいました。
 4歳児さんは山のふもとでどんぐりを拾ったり、近くの保育園の4歳児さんと交流し、運動会ごっこを楽しみました。
 
 
 
5歳児さんは山の頂上を目指して!坂道をよいしょ!よいしょ!と登り、頂上から見える内湖や琵琶湖、自分たちの住む能登川の町の絶景を味わいました。




実りの秋


 先週、サツマイモ掘りをしました。春に苗を植え、水やりをして大きくなるのを楽しみにしていた子どもたち。「どんなお芋がでてくるかな?」「いっぱいとってくるよ!」「いろんな虫がいるかも!」「先生にも1つあげるからね。」「『おおきなおおきなおいも』の話みたいに、お船にできるおいもがでてきたらどうしよう!」と、わくわくしながら出かけた4・5歳児さん。
 土から顔を出したお芋を見つけると、たからものを見つけたように大喜び。友だちと土を掘って、引っ張ると、本当に大きな大きなお芋が山のように収穫できました。



 掘ったお芋を園に持って帰ると、園庭で遊んでいた1歳児さんが近寄って来て「おおきいおいも!」と興味津々。抱えてみたり、手押し車に入れて運んでみたりしていました。












 お散歩でたわわに実るみかんの実に触れたり、ご近所の方から柿をいただいたり・・・。2歳児さんはクラスで育てたお芋でクッキングを楽しみました。


お芋をラップにくるんでにぎにぎ(2歳児)
              お散歩でミカンを見つけました

 11月9日は収穫感謝礼拝、そして10日は秋まつりです。
 みんなで実りの秋に感謝したいと思います。

2018年10月16日火曜日


 10月13日土曜日、運動会を行いました。今年はお天気に恵まれ、園庭で青い芝生の上で行うことができました。
 いつもと違う雰囲気に緊張する子どももいましたが、それぞれ今まで取り組んできた楽しさやがんばりを出すことができました。そんな姿をおうちの人に見てもらい、とびきりの笑顔を見せてくれていたそらの鳥の子どもたちです。
 今週は、ほかの学年が取り組んでいた活動を遊びに取り入れたりし、運動会の余韻を楽しんでいます。
親子で玉入れ

5歳児さんには開会宣言と閉会宣言をしてもらいました

2018年10月11日木曜日

運動会晴れますように

 10月10日は0歳児~5歳児みんなで運動会のリハーサルをしました。いよいよ13日土曜日が運動会です。さわやかな秋空の下、運動会ができますように!

 リハーサルで5歳児さんが組体操に取り組むのを見ていた4歳児さん。
 

 5歳児さんの様子を見ながら、みんなで集まっています。





5歳児さんと一緒に技をきめている4歳児さん
 
5歳児さんが並ぶと・・・


 



 
 
 
 5歳児さんの真剣な姿が、4歳児さんの憧れの気持ちにつながったのでしょう。
「わたしたちもやってみたい!」と思い、友だちとその思いを自然に共有しつながって楽しむ姿がとてもすてきな瞬間でした。
 

2018年9月19日水曜日

 9月18日は初めてのカプラデーでした。
 たくさんのカプラを使って、幼児組たてわりグループで高く積んだり、協力して作ったりして楽しみました。
 木の香りや、崩れた時の音も心地よいカプラ。高く積んでいたのが崩れると残念ですが、「よし!またがんばろう。」「今度はさっきよりも高く積むぞー!」と再チャレンジ!そうしてまた頑張って楽しみながら取り組め、友だちとも協力できるのがカプラの魅力のひとつです。
 思い思いに並べたり、積んだりしてできた形、「線路だよ」「道路だよ」「タワーだよ」とイメージを持ってできた形・・・。それらを合わせると大きな街が出来上がりました。






2018年7月6日金曜日




 4日、願いを込めて七夕の飾りつけをしました。あいにくのお天気どころでなく、大雨による被害が心配される週となりました。
 遊戯室の笹には、子どもたちの作った色とりどりの七夕飾りと短冊が吊るされています。子どもたちの願いと共に、被害が少しでも広がらないことを願います。
0~5歳児のこどもたちが、風に揺れる飾りを眺めたり、自分の短冊や飾りをお友だちやおうちの人と眺めてお話したりし、夏のひとときを過ごしています。


風に揺れる飾りに興味津々



  
友だちと飾る姿が素敵な幼児さん。